ラフティングをエンジョイしよう!

リンク革命

楽しくラフティングするために準備すべきこと

ラフティングは、スウェットスーツを着ますが、水中に入るので、水着は必須です。
たいていの場合は、着替える小屋があるところから、車にのって上流までいき、そこでボートに乗ります。
そのため、着替えるところですべて準備をするようにします。
ツアーが終わってからは濡れた体をふくためにバスタオルが必要です。
そして水中には岩や石がごろごろしているため、基本的にはくつを着用します。
サンダルでもよいですが、サンダルの場合には脱げやすいものではなく、かかとにバックルがついているタイプのものを履くようにします。
また、ラフティングをしているときは紫外線があたるため、日焼け止めは持参するか、あらかじめ塗っておくとよいでしょう。
顔だけではなく、手足の皮膚がでているところに念入りに塗ります。
また、あるとよいものとしては、めがねをしている人はメガネバンド、また濡れた水着を持って帰るためのビニールバッグなどです。
防水カメラがあると楽しい笑顔が残せます。